これだけは知っておきたい!自己認識を高める7つの柱【自分探し】

会社員入門書

こんにちは、会社員のしゃちです。

自己認識(セルフ・アウェアネス)、つまり「自分自身のことを明確に理解する力=自分とは何者であり、他人からどう見られ、いかに世界へ適合しているかを理解する能力」。

この能力を高めることで得られる効用は以下の通りです。

1.幸福度が高くなる
2.賢明な判断ができる
3.公私ともにより良い関係を築く
4.より成熟した子供を育てる
5.頭が良く、成績も上位で、より良いキャリアを選んでいく。
6.よりクリエイティブで、より自信に満ち、よりコミュニケーション能力が高い。
7.仕事で成果を上げて昇進する。

(著)insightでは、この自己認識の力を身につけるための具体的な方法が詳しく(様々な背景をもつ人びとの失敗から成功をつかむまでのエピソードが面白く、そして分かりやすく)記されています。

自己認識力を高めて、夢や理想に向けて最短距離で駆け抜けたい!という人に向けて、これだけは知っておくべきインサイト(気付き)を支える7つの柱を以下に書きます。

もちろん、知識として知るだけでは何も変わらないかもしれません。

ただ、行動に少しでも変化を与えるきっかけづくりになればとても嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

これだけは知っておくべき7つの柱

1.価値観
2.情熱
3.願望
4.フィット
5.パターン
6.リアクション
7.インパクト

では、1つ1つ詳しく内容を示します。

1.価値観

価値観とはつまり、「自分が送りたい人生のガイドとなる行動指針」。

これが自己認識に向けた第一の重要なステップになります。

日々の生活のなかで、自身の行動がどれくらい価値観を反映するものだったかを自身に問いかけることで、理想の自分から離れていた場合にその軌道を少しずつ修正出来るようになります。

2.情熱

情熱とは、つまり「愛をもって行うもの」。

あなたが、もし今の生活に満足していないとしたら、自分に問いかけてみてください。

「これから30年、こんな生活を続けられるだろうか?」

そして、もし少しでも不安を感じた人は、今までの人生のなかで楽しんで取り組めていたことを思い付く限り書き出してみてください。

その中から共通点やパターンを探すことができたら、あなたが本当にやりたいことへの理解が深まるかもしれません。

3.願望

願望とは、つまり「本当は人生に何を求めているか」。

目標の設定は、比較的簡単にできます。

しかし、目標はいったん達成されると気が抜けたり物足りない気分になる可能性があります。

一方、願望は決して達成されることはありません。

自分の願望(何を経験し成し遂げたいか)を知ることで、毎朝やる気で満たしてくれるエナジーを手に入れることができます。

4.フィット

フィットする場所とは、つまり「自分が幸せで存分に力を尽くせる環境」。

フィットする場所を見つけたとき、人は以前よりも少ない労力で多くを達成できるようになり、良い時間を過ごしたという気分で1日を終えるようになります。

一番分かりやすい指標になるのが、「エネルギー」です。

あなたの環境はエネルギーを生むものですか、それとも奪うものですか?

5.パターン

パターンとは、つまり「あらゆる状況でみられる思考や、感情や、行動の一貫した傾向のこと」。

自分自身のパターンを理解することで、その状況をコントロールできるようになります。

まずは自身のパターンを認識して、そのパターンが現れた瞬間を特定できるようになることです。そして、より良い選択肢を試すことで理想の自分に近づけることができます。

6.リアクション

リアクションとは、つまり「自身の力量を物語る思考、感情、行動」。

自分のリアクションに目を向けることで、自分の欠点を知ることだけでなく、思わぬ長所が見つかるかもしれません。

7.インパクト

インパクトとは、つまり「自分の行動が周りへどう影響を与えるか」。

自身のインパクトを知るために身につけるべき重要なスキルがあります。

それは、視点取得(他者の思考や感情を想像する力)です。

予期せぬ出来事に遭遇したときは、少し落ち着いて自分を理解する(ズームイン)。そして、相手の視点を考えてみる(ズームアウト)。そうすることで、自分の振る舞いをコントロールすることが出来るようになります。

知識だけで終わらせない!

インサイトを支える7つの柱の重要性を知ったことで、自己認識を高めるためのきっかけを手に入れることができたかもしれません。

まずはどれか1つ、自分の柱を見つけてみてください。

自分と向き合い、考える時間、その行為そのものが理想の自分へと導いてくれます。

日々の生活のなかで、常に柱を意識し続けることはなかなか難しいかもしれませんが、ふと思い出した時に自分と向き合う時間を自身にプレゼントしてあげてください。

特に、ストレス環境下においてはそういった自己認識が低くなりやすいという傾向があるそうです。

1日5分でも、1ヶ月続けたら150分になります。コツコツ継続することで、変化と自信を手に入れましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

自己認識について、著者のターシャさんは、「自己認識は驚くほど伸ばすことができるスキル」であると断言しています。

そしてまた、「自己認識とは、充実した人生にとって必要条件ではあるが、十分条件ではない」ともいっています。

自分を知らない状態から一歩抜け出し、よりよい人生にしたい人は、本を手に取ることからはじめてみてはいかがでしょうか。

僕も、生涯を通じて実践し、スキルを磨いていくことにします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました