6ヶ月で体脂肪率5%減少!忙しい会社員でもできる5つの健康習慣

忙しい会社員でも大丈夫!!健康への投資

こんにちは。会社員ブロガーのしゃちです。

20代から投資できること。その1つが健康習慣です。

友人
友人

徹夜も平気だし、健康なんてまだまだ気にする必要ないかな

そういう僕も、社会人になってから運動といえば家と会社の往復くらい。

この前、友達の引っ越しで洗濯機を運んだだけで、翌日筋肉痛で動けなくなるくらいの体に。

体脂肪率も20%を越え、そろそろヤバいなと感じてました。

そこで、時間が限られている会社員でもできる5つの健康習慣を続けた結果。

6カ月で体脂肪率を5%減らすことに成功しました!

友人
友人

ビールっ腹だけはいやだ!

脱げる体を手に入れたい!

やりたいことをすべて叶える「イエスマン」を目指し、健康な暮らしを手に入れましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

体脂肪率を落とす5つの健康習慣

5つの健康習慣を見てみましょう。

1.特茶を毎日飲む

2.上下移動はすべて階段

3.朝か夜に20分のワークアウト

4.最低5000歩あるく

5.夜は11時までに寝る

どれもとてもシンプルで簡単です。方法と効果など詳しく説明します。

特茶を毎日飲む

トクホで知られる「特茶」を毎日飲む、これだけ。

トクホの効果には2種類あり、①脂肪の吸収を抑える ②体脂肪率を減らすのを助ける。
特茶は②の効果があり、体についた脂肪を分解・消費しやすくしてくれます。

特茶には、たまねぎやブロッコリーに含まれる脂肪分解酵素を活性化させる働きをもつ「ケルニチン配糖体」がたまねぎ3個分も入っています。

しゃち
しゃち

僕は毎日特茶を飲み続けたことで脂肪燃焼効果がブーストされ、日常的な運動効果がアップしました。

過去に、特に運動もせず毎日特茶を飲み続けた時期がありましたが、本当に体脂肪率が減っていました。

特茶の公式ホームページによると、体脂肪の低減効果は、8週目から認められたとのことなので、信じて継続することが大切です。

但し、特茶は毎日飲むと約5000円/月(1本183円)かかります。

かり
かり

支出は少しでも抑えたい、、、。

僕はコスト削減のため、今はブーストしておりません。

しかし、少しの努力と積み上げ力があれば、ブーストに頼らなくても確実に健康的な体を手に入れることができます。

上下移動はすべて階段

まとまった運動時間が確保できない会社員にとって、通勤時間はチャンスタイム。

軽いジョギングと同程度の強度である「階段の上り下り」を有酸素運動として取り入れることで、日常的にカロリーを消費しやすくなります。

上下運動をすべて階段にすることで、脚からお尻にかけての大きな筋肉を鍛えることができます。

すると、基礎代謝もアップしやすく、痩せやすい体を手に入れることができます。

しゃち
しゃち

エスカレーターやエレベーターに乗っている人!!もったいない!

今日から、階段を使う人族になりましょう。

朝もしくは夜に20分間のワークアウト

この習慣をつけるだけで、確実に体脂肪率を減らすことができます。

ただしこれは、頑張らないと正直続きません。

しゃち
しゃち

残業終わりでへとへと、運動するのは正直辛い。

なので続けるためには、習慣化が一番効率的です。

例えば、

会社から帰ってきたらスーツを脱ぎ捨てそのまま20分運動する。

お風呂をためている間に20分運動する。

朝起きたらすぐ着替えて20分運動する。

きっかけを決めておくことで、スムーズに運動を始めることができます。

かり
かり

運動って何をやればいいの??

ワークアウトって言われても「何?」って感じですよね。答えは簡単です。

Youtubeで「ワークアウト」と検索しましょう。

イチオシは、「30代健康アラサーチャンネルの竹脇まりなさんのワークアウト動画」です。

しゃち
しゃち

20代の僕でも、かなり満足な内容です。

普段運動しない人向けの簡単なものから、密度の濃いハードなものまで、幅広く楽しめます。

なにより、笑顔がとっても素敵!テンションも高い!とても楽しく運動ができます。

僕もほぼ毎日、このワークアウトでテンション上げてます!

個人的には、疲れて何もしたくないときこそYoutubeのワークアウト動画の再生ボタンを押してほしい!

運動することで、気持ちが上向きになり、意外と疲れも吹き飛びます。

1日5000歩あるく

まとまった運動時間が確保できない会社員にとって、通勤時間はチャンスタイム。(2回目)

ただ、コロナ禍においては在宅ワークが推奨され、通勤することなく1日中家で過ごす人も多くなっていると思います。

その結果、運動機会がなくなり肥満が社会問題になるなど、怖いニュースもあります。

そこで、毎日最低5000歩あるくことを意識してみましょう。

歩く習慣を取り入れることで、瘦せ体質が手に入るだけでなく、日中の集中力や想像力の向上も見込めます。

(メンタリストのDaiGoさんも朝の散歩を習慣化しています。)

かり
かり

ただ歩くのは、テンション上がんない。

あるく習慣をつけるための、おススメのアプリを紹介します。

1.Coke ON

2.トリマ

1.Coke ON

コカ・コーラが提供する自動販売機アプリ。

毎日5000歩歩くと、1週間でスタンプが1つ溜まり、全部で15個溜まると無料で1本好きなペットボトルが自販機でもらえます。

ダウンロード:https://c.cocacola.co.jp/app/

2.トリマ

移動するだけでマイルが溜まるポイ活アプリ。

歩くだけでお金が稼げるので、モチベーションが上がります。

移動が多いなら入れておいてポチポチするだけでお小遣いが稼げます。

招待コードの入力で、アプリインストールするだけで5000マイルもらえます。

ダウンロード:https://www.trip-mile.com/
招待コード:-ZovdGYVS

夜は11時までに寝る

夜起きている時間が長いほど、お腹がすいて間食する可能性が高まります。

早寝早起きを習慣化することで、夜のネガティブタイムをなくし、朝を充実させることができます。

結果として、余計な間食の防止につながり、健康習慣が手に入ります。

朝活を始めてみるのもおススメです。

朝にクリエイティブな行動をすることによって、その日1日がポジティブになれるという研究もあります。

時間がとれないなら、つくる。これが会社員に求められる強さです。

まとめ

健康への投資といいつつ、お金がかかるのは特茶習慣だけ。

「少しの努力と日々の積み上げ」で、健康という資産を作り上げることができます。

腰や首の慢性的な痛みに悩まされて毎日が辛い。

そんな30代、40代にはなりたくありません。

始めるなら今です。

モチベーションを上げるために、サウナに通うのもおススメです。

今、週1でサウナに通っていますが、とても調子がいい!

みなさんも是非。

最後までお付き合いありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました